もっと身になる資格を取って自分を高めよう

楽しく英会話!

上達するために

女性達

どうすれば英会話が飛躍的に上達するか

それは必要性に迫られることである。具体的かつ端的に言えば、友人や恋人を作ることである。英語圏の人を好きになるという方法もあるだろう。 そうすれば、その人とどうしても会話をしたいという気持ちが生まれてくるのが人情ではないだろうか。ゆえに恋人が一番協力な教師となり得るのは言うまでもないだろう。 私は高校時に米国に留学経験があるが、まったくの英会話素人であり、ほとんど会話できないまま海外へ飛び立った。結果は散々なものであった。自分でいうのもおかしいが、おまけにシャイな性格であった。ゆえに英会話の上達など不可能なように思われた。しかしそんな私にもガールフレンドが出来た。そして毎晩辞書を引きながら電話したのを覚えている。そうやって日々英語力が高まっていったのだった。

それでも落とし穴に嵌ることもある

それでもうまくいかないこともあった。喧嘩すると相手に意志を細かく伝えきれない問題が露呈し、自己嫌悪に陥った。文化の壁も感じた。それでもやはりパーフェクトな英語は話せないし、それを目指すべきではないのだ。そこからわかったことは、普段から日本語でも簡単な言葉で要点のみを抜き出して話すように心がけるということだった。難しい言葉を使えば会話のレベルが高く感じる。それはよく理解できない曖昧な領域への想像力が喚起されるからではないだろうか。日本の文化で言えば、詫び錆びのようなものだ。難しい言語で会話する日本人の根底にあるのは、正に文化的特性だったのだ。しかし、それでは文化の壁を越えることはできない。アメリカでは論文は簡単に書かなければいけない。日本は逆なのだ。それくらい文化の違いが大きいということだ。ゆえに英会話を学ぶ際に心がけたいのは、英会話そのもの以上に、文化の違いであり、日本語的感性の英語化であったりするのだ。

↑ PAGE TOP